初めての介護の資格と仕事の情報サイト

CareWorker navi

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修とは

更新日:

介護職員初任者研修

介護を行う上で、最低限必要な知識や技術、そしてそれを行う際の考え方を身につけてもらい、基本的な介護業務を行うことができるようにするための研修です。

介護職で最初に取るべき入門資格で、一度取得すれば更新の必要がない資格です。

「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」とはどんな資格?

厚生労働省は、「初任者研修」を介護職の入り口に位置する研修と位置づけ

2012年に厚生労働省が掲げる介護職のキャリアパスの明確化にともない、以前の「ホームヘルパー2級」の資格が、2013年3月で廃止され、2013年4月から、「介護職員初任者研修」としてスタートしました。

転職などで、介護事業所に就職して訪問介護の業務に従事しようとする方は、「介護職員初任者研修」(130時間)もしくは、「実務者研修」(未資格者は450時間)を受講し、修了証明書の交付を受ける必要があります。

介護職員としては就職できますが、訪問介護員(ヘルパー)としては働くことができません。

待遇面や採用選考準を考えると「介護職員初任者研修」もしくは、「実務者研修」の資格を取っておいた方が絶対に有利です。

採用選考の際には「資格なし」の人よりは、 有資格者の方が絶対的に有利ですし、無資格者にはない「資格手当て」がお給料にも反映される点においても、「介護職員初任者研修」の資格を取得することは、かなり魅力的といえます。

介護職員初任者研修の大まかな特徴

誰でも受講できる講座!

介護職が未経験の方、介護の基礎について学びたい方など、誰でも受講できる講座です。

全国の介護職員初任者研修の実施施設一覧

何を勉強するの?

介護従事者として知っておくべき入門となる基礎知識を学びます。

講座は難しい内容ではありませんので、勉強が苦手な方でも十分目指すことができます。修了試験はありますが合格率はほぼ100%で、初心者でも取りやすい資格といえます。

受講スタイルは?

通学講座、通信講座や短期集中講座、夜間開講の講座などもあり、自分のライフスタイルにあった講座を選んで取得できることができます。

介護職員初任者研修 カリキュラム(研修内容)

介護保険法施行規則第22条23の第2項に定める「厚生労働大臣が定める基準」
(平成18年厚生労働省告示第219号)【平成25年4月1日】

科目名時間備考
1.職務の理解6時間・講義と演習を一体で実施すること。
・必要に応じて施設の見学等の実習を活用すること。
2.介護における尊厳の保持・自立支援9時間・講義と演習を一体で実施すること。
3.介護の基本6時間 
4.介護・福祉サービスの理解と医療との連携9時間 
5.介護におけるコミュニケーション技術6時間 
6.老化の理解6時間 
7.認知症の理解6時間 
8.障害の理解3時間 
9.こころとからだのしくみと生活支援技術75時間・講義と演習を一体で実施すること。
・介護に必要な基礎的知識の確認及び生活支援技術の習得状況の確認を行う
こと。
10.振り返り4時間・講義と演習を一体で実施すること。
・必要に応じて、施設の見学等の「実習」を活用すること。

合計 : 130時間

全カリキュラムを修了し、修了時の筆記試験に合格すると取得できます。

どのくらい時間がかかるの?

カリキュラムは130時間で最短1ヶ月で取得可能です。

資格取得までの目安期間は「通信+通学」の併用学習か通学講座かによって異なります。

働きながら取得を目指す方には「通信(自宅学習)+通学(実技スクーリング)」の併用学習がおすすめです。平均的な学習期間は、3ヶ月程度となりますが、短期集中の講座であれば最短3週間での取得も可能です。

完全通学制の講座の場合の通学日数は、平均29日程度が必要です。

ほぼ毎日通うことが可能な方であれば、1ヶ月から1ヶ月半で取得可能です。週2回程度の通学ならば4~6ヶ月位で取得することができます。

受講費用

受講費用は、最安2万円台~13万円と研修施設によって異なります。

カリキュラムは同じですが、施設によって、授業の振替がしやすい、夜間コースがある、資格取得後のサポートが充実しているなど様々な特徴があります。

価格だけで選ぶのではなく、通いやすさの利便性、内容を考えて受講する学校を選ぶことが大切です。

一般的な例:初任者研修の資格取得にかかる費用は、通信だと109,800円。通学だと119,800円になります。

まめ太郎
介護職員初任者研修の受講費用についてはこちらの記事が参考になります。
介護職員初任者研修
介護職員初任者研修の費用どこが安い?徹底比較ガイド

介護職員初任者研修は、介護職で働く上でステップアップを目指す最初の第一歩となる資格です。 介護職をある程度経験されている方は実務者研修から受講されてもいいと思いますが、介護職未経験の方は介護職員初任者 ...

あわせて読みたい

介護の資格を0円(無料)で取得するには、派遣事業や介護施設を運営する事業会社の『資格取得支援制度』を利用する方法が有効です。 かいご畑の運営会社はスクールも開講していて…

介護の資格を0円(無料)で取るには?

資格を取ったら、活躍できる介護の職場

介護職員の需要が高まっている現在、とくに「介護初任者研修」などの有資格者は、福祉施設・訪問介護ヘルパー・デイサービスセンターなどさまざまな介護事業所から求められています。

正社員はもちろん、家庭とのバランスを図りながら働くアルバイトやパート、都合に合わせて働く登録型など就業形態を選ぶことも可能です。

介護専門の転職エージェント・求人サイトおすすめ一覧

将来の身内・家族・自身の介護にも役立つ!

研修を受講する方は、介護職への就職・転職を目指している方ばかりではありません。

将来的に大切なご家族を介護する際や、ご自身が介護される側になったときのことを考えて受講される方も大勢います。

キャリアアップ

将来、「介護福祉士」資格取得を希望する場合、「実務者研修」の受講が必須となっていますが、「介護職員初任者研修」を修了すれば、実務者研修の450時間のうち130時間(初任者研修受講分の130時間)が免除されます。

介護職に転職するのに、とりあえず早く介護の資格がほしいのであったり、介護の基礎知識、技能を学びたいのであれば介護職員初任者研修がおすすめです。

将来的に長く介護の仕事を続けたいのであれば、介護福祉士の受験資格にもなる実務者研修がおすすめです。

また、「介護職員初任者研修」資格取得後は、訪問介護員として仕事ができますが、サービス提供責任者になるためには、、3年以上の実務経験が必要です。ただし、「初任者研修修了者+3年以上の実務経験」によるサービス提供責任者は、減算の対象となります。

現実的には実務者研修修了者か介護福祉士の資格を持っていないと、サービス提供責任者としては採用されないのが現状です。

あわせて読みたい

今までのサービス提供責任者の任命要件に含まれていた介護初任者研修及び旧ヘルパー2級の修了者が2019年度から完全廃止されます。

サ責の資格要件〜2018年度から変わること

まとめ

働きながら資格を取得することは大変です。資格取得までにかけられる時間や費用、資格取得後のご自身の働き方、将来のキャリアアップの希望等を考慮し、どちらを受講するか決めるとよいでしょう。

はじめて介護の資格をとるなら、介護職員初任者研修と実務者研修、どちらが正解?

Favorite

介護福祉士 1

介護の資格を0円(無料)で取得するには、派遣事業や介護施設を運営する事業会社の『資格取得支援制度』を利用する方法が有効です。 かいご畑の運営会社はスクールも開講していて、就業して一定の条件を満たせば、 ...

転職サイトを見る女性 2

介護職への転職が初めての方にとっては、どこの施設が自分にあっているかわからないですよね…。介護士として働いていて職場を変えたいと思っている方も、同じ失敗を繰り返さないためにもできるだけ多くの情報が必要 ...

転職活動 3

介護職に転職したいけど、まわりに知り合いもいないし、どんな仕事をするのかもなんとなくわかっているだけ…。 チラシの求人に書いてある、特養とか、老健、有料老人ホーム、サ高住、デイサービス、訪問事業所…? ...

-介護職員初任者研修

Copyright© CareWorker navi , 2018 All Rights Reserved.