介護事務で働く女性の画像

介護事務

介護事務は、介護事業の運営をデスクワークでサポートするお仕事。「介護報酬請求業務(レセプト作成)」を中心に、事務作業全般を行います。

複雑化した介護保険のしくみやサービス利用料に対応できるスキルが必要になります。

介護事務講座の講師介護業界の縁の下の力持ち!

介護事務管理士(R)を4ヶ月で取得! ユーキャンの介護事務講座

介護事務の活躍の場はさまざま

超高齢化が進み介護サービスの利用者は年々増加しています。

それに伴い介護報酬請求業務も増えていて、介護事務の知識と技能を持った人材が求められています。

専門技能なので、資格を持っていれば就・転職の強い味方になります。

介護事務の仕事内容

こんな方におすすめ

  • 介護・福祉の業界で働く第一歩として、デスクワークから関わりたいと考えている方にぴったりのお仕事です。
  • 介護事務の技能を身につける中で、介護保険制度についての知識も養えますので、将来的にサービス提供責任者やケアマネジャーを目指す方にとっても必要なスキルになります。
  • 仕事はデスクワークなので、介護の仕事に関わりたいが体力的に不安がある方、年齢に左右されず長く働きたい方にもおすすめです。

介護事務に必要な資格

介護事務の資格は、民間団体の認定資格になり主に7機関の認定機関があります。

介護の実務経験などは一切必要なく誰でも取得できる資格です。

介護事務の資格の種類の一覧

介護事務の資格をするには?

介護事務の資格を取得するには、自分が取得したい資格の試験が受験できる講座を受講します。

講座修了後に検定試験に合格すれば資格取得になります。

試験はテキストを見ながら行えたり、暗記不要なので合格しやすい試験と言えます。

介護事務の資格を取得できる講座の費用と特徴