PR 介護事務

介護事務におすすめの資格|資格取得するメリットは?

介護事務の女性

介護事務の資格は、介護福祉士などの国家資格と異なり民間団体の認定資格になります。認定機関の試験に合格することで資格を取得することができます。

介護サービス事業所の受付けや会計、レセプト業務などを担当する事務スタッフのスキルを証明することを目的としています。

この記事では、介護事務の資格の種類と資格取得のメリット、就職できる事業所について詳しく解説しています。

介護事務の資格(試験)の種類

介護事務の認定資格は、それぞれの認定機関ごとに設定されていて、資格の名称も異なります。ここでは、主な認定機関の介護事務の資格をご紹介していきます。

  • 介護事務認定実務者(R)
  • 介護事務士
  • 介護報酬請求事務技能検定試験
  • ケア クラーク®
  • 介護事務管理士®
  • 介護事務実務士®
  • 介護事務資格
  • 介護保険事務士

介護事務認定実務者(R)

全国医療福祉教育協会の「介護事務認定実務者(R)」は、ユーキャンの介護事務講座で取得することができます。ユーキャンの介護事務講座受講中は認定講座受講生となり、受験料は5,000円で受験することができます。

資格名称介護事務認定実務者(R)
試験名称介護事務認定実務者(R)試験
試験区分民間団体の認定資格
実施団体全国医療福祉教育協会
受験資格特になし
試験形式学科問題(マークシート):20問
実技問題(マークシート):2例
試験日程在宅受験:毎月
会場受験:実施する認定機関が試験日を決定します。
受験形態在宅受験:ユーキャン受講生
会場受験:認定機関が設定する試験日に学校、スクールの教室等で受験できます。
受験料ユーキャン受講生:5,000円(税込)
一般受験生:5,500円(税込)
※講座受講料とは別に必要です。
合格基準原則として、正答率6割以上を合格としています。
合格率おおむね60%から80%
問い合わせ先全国医療福祉教育協会
認定講座ユーキャンの介護事務講座
講座料金39,000円(税込)
補足情報介護報酬の算定に関する知識とスキルの証になります。

介護事務士

全国医療福祉教育協会認定の「介護事務士」は、ヒューマンアカデミー通信講座(たのまな)の介護保険請求事務講座で資格取得することができます。

資格名称介護事務士
講座名称介護保険請求事務講座
資格区分民間団体の認定資格
資格認定団体特定非営利活動法人 職業技能専門教育研究機構 認定
全国医療福祉教育協会
資格認定方法通信教育講座(たのまな)に付属する通信添削の課題(実力診断テスト全4回+修了認定試験1回)
を一定の成績で修了することで、「介護事務士」の資格証が授与されます。 
学習の進め方1.入門DVDと基本テキストで介護保険のしくみを理解
2.給付管理業務と介護報酬請求の流れを理解
3.介護事務コンピュータをマスター(介護保険請求事務ソフトを使用)
4.実力診断テスト(第1回〜第4回)
5.修了認定試験
6.「介護事務士」の資格取得
講座料金35,000円(税込)
期間約4ヶ月
対応講座ヒューマンアカデミー通信講座 たのまな
補足情報介護事務士資格認定証の発行を希望の方は、規定の提出課題を全て修了(合格)の後、
別途送付の申請書に必要事項を記入の上、協会までFAXまたは郵送にて申請することで発行されます。
(申請料:3,000円)

介護報酬請求事務技能検定試験

「介護報酬請求事務技能検定試験」は、全国の専門学校や国の職業訓練などでも実施されている、日本医療事務協会主催の資格試験です。介護保険施行当初からの歴史があり、居宅介護事業所や介護福祉施設などでの請求事務に必要な技術と技能レベルが審査されます。

受験資格は日本医療事務協会の介護事務講座の受講生となっていて、講座修了後に実施される「介護報酬請求事務技能検定試験」に合格すれば「介護報酬請求事務技能検定試験」の合格証が交付されます。

履歴書資格欄に「日本医療事務協会主催 介護報酬請求事務技能検定試験 合格」と記載することができるので、自信をも持って就職活動に臨めます。

資格名称介護報酬請求事務技能検定試験
試験名称介護報酬請求事務技能検定試験
試験区分民間団体の認定資格
主催団体日本医療事務協会(三幸グループ)
受験資格会場受験:介護事務講座(通学コース)の受講生
自宅受験:介護事務講座(通信コース)の受講生
試験日程会場受験:年6回(偶数月)第3日曜日実施
自宅受験:毎月 第4土曜日実施
試験内容学科問題:正誤問題20問
実技問題:介護給付費明細書作成2問 介護給付費明細書穴埋め1問
受験料6,600円(税込)
※講座受講料とは別に必要です。
合格基準非公開
合格率79.1%(2021年度実績)

介護事務講座では、介護保険の概要からケアプラン作成の仕組み、介護報酬請求業務について総合的に学ぶことができます。(介護報酬請求業務では、居宅と施設の両方に対応)

介護事務講座講座概要
主催団体日本医療事務協会(三幸グループ)
受講料(税込)通学コース:49,500円
通信コース:47,300円
標準学習期間通学コース:6時間×3日
通信コース:3ヶ月(最短学習期間1ヶ月)
カリキュラム介護保険の概要/介護報酬の基礎知識/介護報酬(居宅)
請求事務実習(居宅)/介護報酬(施設)/請求事務実習(施設)

ケア クラーク®

「ケアクラーク技能認定試験」では、介護サービスに従事する事務スタッフとして必要な介護報酬請求事務技能をはじめ、接遇対応、介護・福祉に関する知識の程度を評価・認定します。「ケアクラーク技能認定試験」の合格者することで、介護報酬請求業務の技能修得を証明する「ケア クラーク®(介護事務)」の資格が付与されます。

資格名称ケア クラーク®
試験名称ケアクラーク技能認定試験
試験区分民間団体の認定資格
主催団体一般財団法人 日本医療教育財団
受験資格特になし
試験内容学科試験 介護事務知識/筆記(択一式)/25問/50分
実技試験 介護報酬請求事務/介護給付費明細書作成/2問/60分
試験日程年3回(5月、9月、1月)・日曜日
試験実施方法在宅試験
受験申込期間当該試験日の2ヵ月前より3週間前までを申込期間
検定料6,900円(税込)
※講座受講料とは別に必要です。
合格基準学科試験および実技試験の各々の得点率が70%以上を合格とする。
合格率
問い合わせ先一般財団法人 日本医療教育財団
対応講座ニチイまなびネット 介護事務講座
試験の目的介護事務業務に従事する者の有する知識および技能の程度を評価・認定し、
職業能力の向上とその社会的経済的地位の向上に資することを目的とします。

介護事務管理士®

技能認定振興協会(JSMA)は、日本ではじめて医療事務の技能を認定した資格試験団体です。医療・介護業界で活かせる様々な資格でキャリアアップを支えています。

「介護事務管理士®技能検定試験」は、2000年に日本初の介護事務者の資格試験としてスタート。全国の福祉業界で認知され、有資格者は、全国で活躍しています。

​合格者には、介護報酬の算定に関する知識とスキルを証明する「介護事務管理士®」の認定合格証が交付されます。

資格名称介護事務管理士®
試験名称介護事務管理士®技能検定試験
試験区分民間団体の認定資格
主催団体技能認定振興協会(JSMA)
受験資格特になし
試験内容1.実技試験/レセプト点検問題・・・2問(全6問中2問を選択)
2.学科試験/マークシート(択一式)・・・10問(「共通問題」7問と「選択問題」3問)
試験日程在宅受験:毎月第4土曜日翌日の日曜日
試験実施方法在宅受験
受験申込(1)インターネットでの申し込み
(2)コンビニ端末を利用しての申し込み
※入金の確認をもって受験申込み完了
受験料5,500円(税込)(学科・実技)
合格基準1.実技試験/約80%以上
2.学科試験/約80%以上
合格率70%位
問い合わせ先JSMA 技能認定振興協会事務局

介護事務実務士®

医療福祉情報実務能力協会は在宅試験を全国一斉統一試験を行っている認定試験団体です。協会教育指定校における団体受験のみ実施しています。

資格名称介護事務実務士®
試験名称介護情報実務能力認定試験
試験区分民間団体の認定資格
主催団体特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会
受験資格特になし
試験内容学科(20問)
①介護保険法および関連法規
②介護保険制度
居宅サービス・施設サービス
③介護報酬の請求
明細書作成(3問)
介護給付明細書の作成
介護報酬明細書作成:1.居宅サービス 2.施設サービスより3問
受験料7,700円(税込)
問い合わせ先特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会
教育指定校TERADA 医療福祉カレッジ
ヒューマンアカデミー株式会社
LEC株式会社東京リーガルマインド
学校法人麻生塾 麻生医療福祉専門学校福岡校
校法人岩崎学園 横浜医療情報専門学校
学校法人伊藤学園 秋田福祉専門学校
株式会社有心個別アカデミー
株式会社キャラ キャラアロマテラピースクール
団体受験実績校愛知淑徳大学
学校法人サンシャイン学園 東京医療福祉保育専門学校
名古屋商科大学
日本福祉大学
株式会社シバスタッフ
補足情報介護報酬請求事務の従事で求められる一定の能力を有すことを証明します。
介護事務実務士の認定合格証

介護事務資格

一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)は、各種検定試験を通じて職業実務能力の向上とその研鑽の結果を証明する資格の取得を支援しています。

「介護事務資格」は、介護事務としての正しい知識と接遇知識を持ち、事業所等の運営を円滑にサポートするための技術と知識を持つことを証明する日本能力開発推進協会(JADP)の資格。認定講座での全カリキュラムを修了後(1年以内)に受験することができます。

合格者には「介護事務資格」の称号が付与されます。

資格名称介護事務資格
試験名称JADP認定「介護事務資格認定試験」
試験区分民間団体の認定資格
主催団体一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)
受験資格認定教育機関にて全カリキュラムを修了した者
試験内容介護保険制度とは/介護保険のしくみ/介護報酬請求など
試験日程カリキュラム修了後、随時在宅にて受験
試験会場在宅
受験申込認定教育機関での全カリキュラムを修了後、協会ホームページの
『検定試験申込』にて、必要記載事項を入力しお申込のうえ、
同封の振込用紙にて受験料をお支払ください。
検定料5,600円(税込)
合格基準70%以上の正答で合格
合格率
問い合わせ先一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)
認定講座キャリアカレッジジャパン
補足情報介護事務の即戦力として活躍できる実力を証明する価値ある資格。
JADP認定 介護事務資格の認定合格証

介護保険事務士

一般財団法人つしま医療福祉研究財団は、介護保険請求事務のエキスパート養成のため「介護保険事務士養成講座」を介護福祉士養成校を中心とした学校、ならびに社会人向けに福祉関連の講座を開講している法人等にて実施しています。

「介護保険事務士養成講座」認定試験の合格者には、「介護保険事務士認定資格証」が付与されます。

※現在募集は行っておりません

資格名称介護保険事務士
試験名称介護保険事務士認定試験
試験区分民間団体の認定資格
主催団体一般財団法人つしま医療福祉研究財団
受験資格介護保険事務士養成講座を修了した者
試験内容学科試験 介護保険制度一般問題/15問/45分
実技試験 介護給付費明細書作成/3問/90分
試験日程講座をすべて修了後、指定校の指定する日
試験会場指定校によって違います。
受験申込介護保険事務士養成講座の指定校
検定料
合格基準試験全体の60パーセント以上の正解を合格とする。
合格率
問い合わせ先一般財団法人つしま医療福祉研究財団
対応講座
補足情報介護保険制度に精通した介護給付費請求事務および給付管理
事務のエキスパートの養成

介護事務の資格を取得するメリット

1.スムーズに仕事のスタートを切れる

介護事務として働くためには、介護報酬明細書などの必要書類を作成したり、介護保険制度に関する内容や専門用語も理解しておく必要があります。

特に介護職が未経験の方にとっては、新しい職場で慣れない仕事をこなしながら、新しいスキルや知識を身に付けていくのは大変なことです。

事前に介護事務の資格を取得して一通り学んでおくと、気持ちに余裕も生まれ、戸惑うことなく安心感を持って働くことができます。

介護事務の仕事内容についてはこちらの記事が参考になります。

2.就職・転職・再就職にも強い資格

採用する側からいえば、経験者を採用したいのが本音。

でも介護事務の即戦力として活躍できる実力を証明する資格を持っていれば、採用する側からも信頼を得ることができます。

履歴書にも記載できるので、就職・転職の強い力となります。

3.仕事の幅が広がり、ステップアップにもつながる

せっかく介護福祉士の資格をとっても、 事務をやったことがないからという理由でサービス提供責任者への打診を断る方もいます。

現役のケアマネジャーやこれからケアマネジャーを目指す方はもちろん、将来、体力的な負担を減らしたい介護福祉士やヘルパーの方にもおすすめです。

今のスキルに、介護事務の技能をプラスすることで、仕事の範囲がグンと広がります!

介護事務の資格を取得できる講座についてはこちらの記事が参考になります。

介護事務の資格を取得して就職できる事業所

介護サービス事業所

  • 特別養護老人ホーム・老人保健施設
  • 訪問介護事業所(ヘルパーステーション)
  • 訪問看護ステーション
  • デイサービスセンター
  • グループホーム・ショートステイ

サービス事業所以外の職場

  • 病院・診療所
  • 在宅介護支援センター
  • 保険請求審査機関
  • 国保連合会
  • 損害保険会社

介護施設・サービスの種類についてはこちらの記事が参考になります。


講座資料一括請求

介護事務講座の資料を一括請求(無料)できます!

スマホやパソコンでは比較しづらい、各スクールの特徴や受講料、開講スケジュール(受講日程)、最新情報をじっくり比較検討できるのでおすすめです。

最新情報を比較検討

講座資料をまとめて請求

※複数の講座資料を無料でお届け

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ケアワーカーナビ

LITTLE SMILES

奥さん(監修者)が現役の介護福祉士・サービス提供責任者のLITTLE SMILES(管理者)です。現場の生の情報をもとに、介護の資格と介護転職に役立つ情報を発信していきます!

よく読まれる記事

実務者研修の講師の女性 1

実務者研修は「介護福祉士の受験資格」ということもあって取りたいのはやまやまだけど、「受講費は高いし、働いているからスクールに通う時間もない」といったことで諦めている方も多いのではないでしょうか? 東京 ...

自宅で実務者研修の学習をする女性 2

実務者研修は「介護福祉士の受験資格」ということもあって取りたいのはやまやまだけど、「受講費は高いし、働いているからスクールに通う時間もない」といったことで諦めている方も多いのではないでしょうか? 大阪 ...

初任者研修を受講している女性 3

初任者研修の受講費用は名古屋市内でもスクールによって異なります。最も安いところで3万円〜から、平均的には5万円~7万円程度、高いところで12万円〜とスクールによって違いがあります。 ここでは、名古屋市 ...

介護専門転職エージェントの女性スタッフ 4

介護職への転職が初めての方にとっては、どこの施設が自分にあっているかわからないですよね… 介護士として働いていて職場を変えたいと思っている方も、同じ失敗を繰り返さないためにもできるだけ多くの情報が必要 ...

介護職に強い!おすすめの介護派遣会社ランキング【8社比較】 5

といった方におすすめなのが、介護士専門の派遣会社。 まずは派遣で働いてみて、介護職って面白そう、自分に合っている仕事、続けることができそう…と思ってから正社員を目指しても遅くありません。 介護職では、 ...

-介護事務