サービス提供責任者

サービス提供責任者

サービス提供責任者は、訪問介護事業所で配置が義務付けられており、訪問介護サービスを行う上でなくてはならない職務です。

ケアマネジャー(介護支援専門員)やヘルパー(訪問介護職員)、サービス利用者やその家族とのパイプ役となり、適切な介護サービスが円滑に提供されるように調整する役割を担います。

2018年4月以降、同行援護を提供する事業所のサービス提供責任者は、同行援護従業者養成研修の修了が必須となります。

同行援護をする介護士
同行援護従業者養成研修とは

同行援護従業者養成研修とは、視覚障がい者の方(もしくは移動に困難な障がい者)に対して外出援助及び移動に必要な情報を提供するために必要な知識・スキル習得をするための資格。 同行援護特定事業所加算の人材要 ...

サービス提供責任者 Q&A

サービス提供責任者になるには資格が必要ですか?


はい、介護福祉士、看護師、准看護師、保健師のいずれかの資格が必要です。

※2019年度から、介護初任者研修及び旧ヘルパー2級の修了者の資格要件が完全廃止されました。

詳しくは、サービス提供責任者の仕事内容と必要な資格要件を参照してください。

サービス提供責任者とは、どんな仕事をするのですか?


訪問介護サービス施設に所属し、ケアマネジャー(介護支援専門員)やヘルパー(訪問介護職員)、サービス利用者やその家族とのパイプ役となり、適切な介護サービスが円滑に提供されるように調整する役割を担います。

詳しくは、サービス提供責任者の仕事内容と必要な資格要件を参照してください。