CareWorker navi

初めての介護資格と介護転職の情報サイト

介護転職サイト一覧

介護職の転職で介護転職エージェントを利用するメリット・デメリット

介護職に転職しようと思った時に役にたつのが、介護専門の転職エージェント。

でも、「転職エージェントって何?」「転職サイトや求人サイトとどう違うの?」「転職エージェントを利用したけど不安…」といった方も多いのではないでしょうか。

転職エージェントを利用すれば転職活動をスムーズに進められますよ!

ここでは、転職エージェントを利用するメリット・デメリットをご紹介します。

転職エージェントを利用するメリット

転職サイト(求人検索型)と転職エージェントとの違いを簡単に説明すると、自分で検索して求人に応募するか、コンサルタントに転職活動をサポートしてもらえるかの違いになります。

転職エージェントに登録すると、コンサルタント(担当者)に相談したり、アドバイスをもらうことができたり、希望に合った求人を紹介してもらうことができます。それ以外にも面接対策や給料交渉など、転職活動全般をサポートしてもらえます。

こんな方におすすめ

  • ハローワークや求人誌、求人サイトで探したけどなかなか良い求人が見つからない
  • 知り合いの紹介の有料老人ホームなので信用して入ったけど、ブラックだった
  • 介護職が初めてでわからないことが多い
  • 自分一人で転職活動をするのが不安
  • 転職するべきかどうか迷っている

転職エージェントは無料で利用できる

転職エージェントは、無料で利用できます。ハローワークや求人サイトと同様に費用は一切かかりません。

転職エージェントには人材紹介の成功報酬として採用側の事業所が費用を支払うので、利用者はお金を支払う必要がありません。

転職に対する相談ができる

転職を迷っている方、介護職が初めての方、転職活動をどう進めたらいいかわからない方などにとっては、転職のプロであるコンサルタントに相談できるのは大きなメリットになります。

介護専門の転職エージェントは、介護業界に詳しいコンサルタントが在籍しているので安心して相談できます。

いろんな職種を扱う総合型の転職エージェントでは、コンサルタントによって業界の強みが違うので、話が合わないといったことにもなります。介護専門の転職エージェントを選ぶようにしましょう。

希望に合った求人を紹介してもらうことができる

希望条件をヒアリングして、希望に沿った求人を提案してもらえます。

ハローワークや求人誌、求人サイトなどの求人では年齢制限を記載できません。何回応募しても書類選考で落とされている方は、年齢制限で振るい落とされている可能性があります。

転職エージェントでは、採用側の年齢制限に合った求人を提案してもらえるので面接に進むことができます。

好条件・高待遇の非公開求人が多い

転職サイトや求人サイトでは、公開されてない非公開の求人を紹介してもらうことができます。条件が良い、高待遇などの求人が多いのが特徴です。

エージェントのフィルターを通して、採用側の希望にマッチした求職希望者に紹介するので採用の買う率も高まります。

非公開求人について詳しくはこちら

内部情報や雰囲気を教えてもらえる

施設の雰囲気、職員の人員構成、職員の平均年齢、夜勤の日数・人数、人間関係、有給は使えるか、残業は多いか…など、これらのことは、求人サイトやハローワークでは知ることができません。このような内部情報を、エージェントは事業所とのつながりの中で把握しています。

入ってから違ったといったことにならないように、事前に知ることができるのは大きなメリットと言えます。

転職活動をスムーズに進めることができる

働きながら転職活動をしていると、なかなか難しい面接の面接の日程調整、入職時期の調整などをエージェントが代行して行ってくれます。直接言いづらい、給料や勤務時間の希望などの交渉もエージェントが行ってくれます。

履歴書の添削や面接対策のアドバイスもしてくれるので、苦手な方には大きなメリットです。今の仕事が忙しい方もスムーズに転職活動を進めることができます。

次の転職先を早く決めたい

今の職場を辞める前に転職先を決めたい、もう辞めてしまったので早く就職したい。こういった場合にもエージェントを利用するメリットは高いといえます。

エージェントは、採用側にも早く希望に合った求職者を紹介したいので迅速に対応してくれます。

できるだけ迅速に対応してもらうには取り扱い求人数が多い大手、自分の働きたい地域に対応しているエージェントを選ぶことが必須です。

実際の給料や待遇などの実情がわかる

特養のほうが基本給や賞与はいいです。小規模や訪問、ディーサービスなどは、ボーナスが無いに等しいところが多いですね。
デイサービスに3年半勤めましたが、年収は280万円くらいでした。サービス残業が2〜3時間/日がありました。
しっかりとした職場選びと夜勤をやる覚悟があれば年収350万を超える施設は簡単に見つかります。介護職員の待遇は改善されてる施設とされてない施設の差が大きすぎる。

ネットで探せばこのような口コミを見ることができますが、どれが正しいかわからないですよね。特に介護職が初めての方は相場もわからないので、求人を見ても高いのか安いのかわかりにくいところがあります。

介護業界は慢性的な人手不足のため、転職は簡単です。しかし、転職を急ぐあまり条件等をしっかりと吟味せずに就職すると後で後悔することになります。同じ業界でも会社によって給料に違いがあるように、施設や事業所によって給料や待遇に違いがあります。

介護専門の転職エージェントのコンサルタントは、実際の給料や待遇を把握しています。また、職種や地域での相場も把握しています。また、自分では言い出しにくい給料交渉も代わりに交渉してくれます。

求人を選ぶ前に、実際の給料や待遇を知ることができたり、相場を知ることができるのも転職エージェントを利用するメリットです。

転職エージェントを利用するデメリット

ここまで転職エージェントのメリットをご紹介してきましたが、エージェントの利用が向いてない方や注意したほうがいい点もあります。

エージェントの利用が向いてない方

  • 自分のペースで転職活動を進めたい方
  • コンサルタントや連絡が煩わしい方
  • 自分の評価以上の希望・条件を求める方

転職エージェントの都合で紹介されることもある

転職エージェントも営利企業なので、ブラックな転職エージェントでは自社都合を優先した紹介を受けることもあるようです。応募者が集まらない企業を紹介されたり、面接を急がされたり、強引に勧めてきたり、希望に合ってない求人を勧めてくる…など。

気が向かない求人を紹介された時は、遠慮なく断りましょう。このようなことも考えて複数のエージェントに登録しておくことをおすすめします。

転職エージェントによって相性・能力に違いがある

コンサルタントも人間ですから、求職者の方との相性があります。話が噛み合わなかったり、対応に不満がでることもあります。

また、入社間もないコンサルタントだったり業界の経験の少ないコンサルタントの場合、転職活動自体を任せて大丈夫か?といったことになります。

転職エージェント会社によっては、コンサルタントを変更してもらえる会社あるようですが、複数の転職エージェントに登録しておくこともひとつの手段です。

まとめ

このように転職エージェントの利用には、メリットとデメリットがあります。転職活動がうまくいかない方は、一度利用してみてはどうでしょうか?大きな力になるのは間違いありません。

担当者との相性や転職エージェントごとに強みが違いますので、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

自分に合った転職エージェントを探すにはこちらの記事が参考になります。

さらに詳しく

よく読まれる記事

介護職初心者の二人 1

介護の現場では資格が重要です。介護業務を行うために必要な知識や技術、考え方を身につけるだけでなく、給料でも持っている資格で差が出てきます。 介護の資格が無い、未経験から介護職に転職しようと思っている方 ...

転職サイトのキャリア・アドバイザーの女性 2

介護職への転職が初めての方にとっては、どこの施設が自分にあっているかわからないですよね…。介護士として働いていて職場を変えたいと思っている方も、同じ失敗を繰り返さないためにもできるだけ多くの情報が必要 ...

介護の仕事を頑張る介護士 3

介護職員初任者研修、実務者研修などの介護の資格を0円(無料)で取得するには、派遣事業や介護施設を運営するかいご畑の『キャリアアップ応援制度』を利用する方法が有効です。 かいご畑の運営会社はスクールも開 ...

転職活動 4

介護職に転職したいけど、まわりに知り合いもいないし、どんな仕事をするのかもなんとなくわかっているだけ…。 チラシの求人に書いてある、特養とか、老健、有料老人ホーム、サ高住、デイサービス、訪問事業所…? ...

介護施設で働く介護士の女性と男性の画像 5

実務者研修を取得しようと思っているけど、費用は馬鹿にならないし…なによりも行く時間がない!仕事をしながら実務者研修を取得するのは、なかなか難しいのが現実ですよね。 介護職での転職では、無資格や初任者研 ...

-介護転職サイト一覧
-

Copyright© CareWorker navi , 2019 All Rights Reserved.