CareWorker navi

初めての介護資格と介護転職の情報サイト

介護転職を頑張る女性

介護転職お役立コラム

【未経験の介護転職】失敗しない職場選びのポイント

介護業界は慢性的に人手不足。有効求人倍率は他の業界に比べても高い水準になっていて、仕事がない、求人がないといった心配はありません。

でも、介護施設ならどこでもいいといったわけではないですよね。
どの職種でも同じですが、いいところもあればブラックな職場もあります。

特に介護職未経験から転職する際の職場選び(求人探し)では、注意したいポイントがあります。ここでは、初めて介護職に転職する際に確認したいポイント、失敗しない職場選びの方法をご紹介していきます。 

介護職未経験の転職で注意したいポイント

まずは、頭の中を整理して勤務時間や雇用形態、仕事内容などの希望条件や志望動機を明確にします。特に介護職未経験・無資格の方は、介護職に必要な研修や資格取得サポートなどがあるかどうかも重要なポイントになってきます。

では、詳しく見ていきましょう。

働くことができる時間

介護職では、さまざまな時間帯で働くことが可能です。もちろん求人先企業の希望に合わせることが前提ですが、日勤・夜勤ありのフルタイムシフト、午前中だけ、午後から、1日に3〜4時間、夜勤専従、週に2〜3日などがあります。

自分が働くことができる時間や曜日、日数の希望を明確にして求人を探します。

働きたい雇用形態

介護職の雇用形態には、正社員、契約社員、常勤パート、非常勤パート、派遣、紹介予定派遣などがあります。

正社員としてがっつり働きたいのか、パートとして自分の都合に合わせて働きたいのか、少し離れた距離感で働ける派遣がいいのかなどを考えます。

給料・休みなどの待遇の希望

こういう業界ってどこでも同じかと思ってましたが、施設によって待遇が全然違います。選ばなければすぐに就職できますが、しっかりと条件を吟味せずにハローワークやチラシで見つけた求人に飛びつくのは止めたほうがいいですね。

介護業界は人手不足なので、選ばなければ転職する事は絶対出来ますが、将来の事を考えるなら、給料や有給などの待遇などの条件をしっかり吟味して選びましょう。

求人先の提示に合うか合わないかが基本ですが、相談にのってもらえる事業所も多いので自分の希望は考えておきましょう。

新人に対しての社内研修があるか?

介護職未経験なので、最初は誰でも不安です。就業後に社内での研修があるかどうかは、介護職が未経験の方にとっては一番重要です。

介護職が未経験な方が入職されても、現場の先輩が優しく教えてくれる職場ばかりではありません。忙しそうにしている先輩をみるとわからないことがあっても聞きづらいといったことがあります。結果として仕事に対しての自信もなくなり、せっかく入った介護業界を辞めてしまうといったことになってしまいます。

介護の基礎知識を教えてくれる研修があるかどうかも大切な確認ポイントです。

介護職で無資格・未経験での仕事内容について詳しくはこちら

資格取得支援制度があるか?

介護職は資格保有が絶対の職業です。給料だけでなく仕事内容、その後のキャリアアップ(昇進)まで、保有している資格によって変わってきます。理由は事業所ごとの人員配置で必要な資格保有者の人数が法律で定められていて、介護保険報酬の金額も変わってくるためです。

介護の現場で必要な資格には、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)や実務者研修、国家資格の介護福祉士などがあります。求人先の事業所によっては、資格要件としてヘルパー2級以上としている事業所も多くあります。

介護職員初任者研修では、介護の基礎知識とスキルを学び基本的な介護業務ができるようになります。自信を持って仕事をするためにも、ぜひ最初に取得したい介護資格です。実務者研修では、より質の高い介護サービスを提供するための 実践的な知識と技術を習得できます。介護福祉士の受験資格にもなっていますので、キャリアアップを目指す方はぜひ取りたい資格です。

しかし、介護職員初任者研修の受講料は最安で約3万円〜10万円、実務者研修の受講料は無資格者で約10万円〜16万円と高額で転職したての方にとっては痛手ですよね。

そこで、求人を探すときに確認したいポイントが資格取得支援制度があるかどうか。資格取得支援制度は、資格を取得する際の費用の一部負担及び全額負担してくれる制度です。(法人によって、負担額は変わります。)

資格保有者ばかりの求人では応募者が少なく人材を確保するのが難しいのが現状です。このような背景から、入職後に資格取得を後押しする資格取得支援制度を取り入れている介護事業所や人材紹介会社も多くなってきました。

介護職未経験・無資格者の方は就業後に資格取得をサポートしてくれる事業所を探すのも大切なポイントです。

資格取得支援制度について詳しくはこちら

働きたい施設形態

介護職には以下の職場があります。それぞれに仕事内容や勤務時間も異なっています。特養や老健、有料老人ホームグループホームなどでは夜勤があります。ただし、日勤だけのシフトなど相談可能な職場もあります。

基本的に日勤だけの職場は訪問介護やデイサービスになります。自分の働きたい勤務時間と仕事内容によって施設形態を選ぶことになります。

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 特別養護老人ホーム
  • グループホーム
  • 訪問介護ステーション
  • デイサービス

介護施設の種類について詳しくはこちら

自分に合った最適な職場を見つける方法

介護職の需要は高く、未経験OK、無資格OKといった求人も多く見かけます。しかし、介護職が未経験の方にとってはわからないことが多く求人を選ぶにも迷いますよね。

職場選びでは研修や資格取得支援制度が重要だといったこと以外にも注意したいポイントがあります。

施設内の雰囲気や人間関係、職場の人数や平均年齢などといった情報を事前に知ることも転職で失敗しないためには重要です。求人票を見ただけではわからないので、入ってから「しまった!」といったことにもなりかねません。

このような不安を解決してくれるのが、介護専門の転職エージェントです。転職エージェントでは、コンサルタントに相談しながら転職活動を進めることができます。

介護職が初めての方や、他の施設に転職を考えている方におすすめです。求人サイトやハローワーク、求人誌などにはない情報を提供してもらえたり、面接対策や条件交渉などを代わりに行ってくれます。

転職エージェントは無料で利用できるサービスです。自分だけで転職活動をすることに不安な方は、ぜひ一度登録して話を聞いてみてはどうでしょうか。

よく読まれる記事

介護職初心者の二人 1

介護の現場では資格が重要です。介護業務を行うために必要な知識や技術、考え方を身につけるだけでなく、給料でも持っている資格で差が出てきます。 介護の資格が無い、未経験から介護職に転職しようと思っている方 ...

転職サイトのキャリア・アドバイザーの女性 2

介護職への転職が初めての方にとっては、どこの施設が自分にあっているかわからないですよね…。介護士として働いていて職場を変えたいと思っている方も、同じ失敗を繰り返さないためにもできるだけ多くの情報が必要 ...

介護の仕事を頑張る介護士 3

介護職員初任者研修、実務者研修などの介護の資格を0円(無料)で取得するには、派遣事業や介護施設を運営するかいご畑の『キャリアアップ応援制度』を利用する方法が有効です。 かいご畑の運営会社はスクールも開 ...

転職活動 4

介護職に転職したいけど、まわりに知り合いもいないし、どんな仕事をするのかもなんとなくわかっているだけ…。 チラシの求人に書いてある、特養とか、老健、有料老人ホーム、サ高住、デイサービス、訪問事業所…? ...

介護施設で働く介護士の女性と男性の画像 5

実務者研修を取得しようと思っているけど、費用は馬鹿にならないし…なによりも行く時間がない!仕事をしながら実務者研修を取得するのは、なかなか難しいのが現実ですよね。 介護職での転職では、無資格や初任者研 ...

-介護転職お役立コラム
-,

Copyright© CareWorker navi , 2019 All Rights Reserved.