ケアマネ試験情報

ケアマネ試験の合格率・合格基準点

介護支援専門員(ケアマネジャー) 試験 合格率

2020年度(第23回・令和2年度)のケアマネ試験(介護支援専門員実務研修受講試験)が10月11日(日曜日)に行われました。

前年度は台風の影響により1都12県で中止となり再試験が実施されることになりましたが、今年度はコロナ禍で開催が心配されましたが無事に実施されました。

ここでは、ケアマネジャー試験の合格率の推移、都道府県別の合格者数、職種別合格者数、合格基準点などについてご紹介します。

第23回 介護支援専門員実務研修受講試験の合格率

令和2年10月11日(日曜日)に行われた第23回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況です。

受験者数は46,415人となり昨年度(41,049人)から5,366人増加しました。合格者数は8,200人となり、昨年度(8,018人)から2人の増加となりました。

合格率は、昨年度の19.5%から1.8ポイント低くなり過去5番目に低い17.7%、3年連続で20%を下回りました。

第23回の実施状況です。

  • 受験者数 46,415人
  • 合格者数 8,200人
  • 合格率  17.7%

引用元:厚生労働省 介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況

第23回(令和2年度)介護支援専門員実務研修受講試験の合格基準点

令和2年10月11日(日)試験の合格基準

令和2年度10月11日(日曜日)に行われた第23回介護支援専門員実務研修受講試験の合格ラインになる基準点です。

「介護支援分野」、「保健医療福祉サービス分野」の両方で基準点を上回る必要があります。

  1. 「介護支援分野」で総得点25点に対し、得点13点以上
  2. 「保健医療福祉サービス分野」で総得点35点に対し、得点22点以上

※全60問 1問1点です。
※毎年各分野ごとに正答率70%を基準として、その年の問題の難易度によって補正されます。

昨年度(10月13日開催分と3月8日開催分を合算)より5点低い合格基準点となりました。

ケアマネジャー講座の講師確実に合格するために!

今すぐに始めれば今年のケアマネ試験に間に合う!  ユーキャンのケアマネジャー講座

実地回介護支援分野保健医療福祉サービス分野合格率
第23回 令和2年度 (2020年10月11日)13点22点17.7%
第22回 令和元年度 (2020年3月8日)※再試験16点25点19.5%
第22回 令和元年度 (2019年10月13日)15点24点18.5%
第21回 平成30年度 (2018年10月14日)13点22点10.1%
第20回 平成29年度 (2017年10月8日)15点23点21.5%
第19回 平成28年度 (2016年10月2日)13点22点13.1 %
第18回 平成27年度 (2015年10月11日)13点25点15.6 %
第17回 平成26年度 (2014年10月26日)14点25点19.2 %
第16回 平成25年度 (2013年10月13日)15点26点15.5 %
第15回 平成24年度 (2012年10月28日)15点22点19.0 %

参考:厚生労働省 第22回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について

第23回(令和2年度)介護支援専門員実務研修受講試験の都道府県別受験者数・合格者数

令和2年度10月11日(日曜日)に実施された試験の都道府県の受験者数・合格者数です。

受験者数は関東は増加、関西は減少、他は微減と微増となり、全体的には増加となりました。都道府県別の合格率は東京都が23.1%でトップ、合格者数も815人と最も多くなっています。

都道府県名受験者数合格者数合格率
1 北海道2,566 人419人16.3%
2 青森県788 人94人11.9%
3 岩手県615 人94人15.2%
4 宮城県1,038人129人12.4%
5 秋田県583 人73人12.5%
6 山形県701 人90人12.8%
7 福島県908 人133人14.6%
8 茨城県850 人148人17.4%
9 栃木県625 人121人19.3%
10 群馬県741 人121人16.3%
11 埼玉県1,874 人395人21.1%
12 千葉県1,556 人323人20.8%
13 東京都3,527 人815人23.1%
14 神奈川県2,456人525人21.3%
15 新潟県889 人154人17.3%
16 富山県465 人88人18.9%
17 石川県487 人86人17.6%
18 福井県365 人76人20.8%
19 山梨県229 人50人21.8%
20 長野県921 人192人20.8%
21 岐阜県761 人143人18.7%
22 静岡県1,183 人204人17.2%
23 愛知県1,843 人393人21.3%
24 三重県727 人116人15.9%
25 滋賀県496 人82人16.5%
26 京都府1,090 人196人18.0%
27 大阪府2,947 人508人17.2%
28 兵庫県2,117 人352人16.6%
29 奈良県472 人93人19.7%
30 和歌山県433 人67人15.5%
31 鳥取県378 人55人14.5%
32 島根県446 人67人15.0%
33 岡山県921 人135人14.6%
34 広島県1,153 人233人20.21%
35 山口県526 人97人18.4%
36 徳島県509 人77人15.1%
37 香川県411 人69人16.8%
38 愛媛県741 人116人15.7%
39 高知県465 人58人12.5%
40 福岡県1,701 人323人18.9%
41 佐賀県441 人62人14.0%
42 長崎県750 人99人13.2%
43 熊本県921 人128人13.9%
44 大分県514 人80人15.5%
45 宮崎県725 人102人14.0%
46 鹿児島県974 人139人14.2%
47 沖縄県598 人80人14.3%
総 計46,415人8,200人17.7%

これまでの試験の合格率

過去23回までの受験者総数は、2,892,616人。過去23回のトータルの合格者数は716,225人となっています。トータルの合格率は24.8%となっています。

赤字は過去1番目に少ない、青字は過去2番目に少ない、緑字は過去3番目に少ない数字です。

実地時期受験者数合格者数合格率
第23回(令和2年度)46,415人8,200人17.7%
第22回(令和元年度)41,049人8,018人19.5%
第21回(平成30年度)49,332人4,990人10.1%
第20回(平成29年度)131,560人28,233人21.5 %
第19回(平成28年度)124,585人16,280人13.1 %
第18回(平成27年度)134,539人20,924人15.6 %
第17回(平成26年度)174,974人33,539人19.2 %
第16回(平成25年度)144,397人22,331 人15.5 %
第15回(平成24年度)146,586人27,905人19.0 %
第14回(平成23年度)145,529人22,332人15.3 %
第13回(平成22年度)139,959 人28,703人20.5 %
第12回(平成21年度)140,277人33,119人23.6 %
第11回(平成20年度)133,072人28,992人21.8 %
第10回(平成19年度)139,006人31,758人22.8 %
第9回(平成18年度)138,262人28,391人20.5 %
第8回(平成17年度)136,030人34,813人25.6 %
第7回(平成16年度)124,791人37,781人30.3 %
第6回(平成15年度)112,961人34,634人30.7 %
第5回(平成14年度)96,207人29,508人30.7 %
第4回(平成13年度)92,735人32,560人35.1 %
第3回(平成12年度)128,153人43,854人34.2 %
第2回(平成11年度)165,117人68,090人41.2 %
第1回(平成10年度)207,080人91,269人44.1 %

第23回(令和2年度)介護支援専門員実務研修受講試験の職種別合格率

もっとも構成比率の高い職種は介護福祉士の55.9%、次に看護師・准看護師の16.9%社会福祉士の10.0 % となりました。介護福祉士の割合は微増、看護師、准看護師の割合は減少、社会福祉士の割合は増加しています。

職     種合格者数構成比率
医師31 人0.4%
歯科医師34 人0.4%
薬剤師76 人0.9%
保健師222 人2.7%
助産師9人0.1%
看護師、准看護師1,389 人16.9 %
理学療法士491 人6.0%
作業療法士244 人3.0 %
視能訓練士2人0.0%
義肢装具士2人0.0%
歯科衛生士86 人1.0%
言語聴覚士50 人0.6%
あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師171 人2.1%
柔道整復師121 人1.5 %
栄養士(管理栄養士を含む)137 人1.7%
社会福祉士823人10.0 %
介護福祉士4,586 人55.9%
精神保健福祉士111 人1.4%
相談援助業務従事者198 人2.4%
合     計8,783 人ー%

職種別合格者数合計は、複数の法定資格の取得者を含むため、合格者総数と一致しません。

総評(各年度)

コロナ禍で行なわれたケアマネ試験(第23回令和2年度)

新型コロナウイルス感染症の影響で開催が中止になるのではと心配されましたが、無事に実施されました。

受験者数は昨年度(41,049人)から5,366人の増加になりましたが、第20回の131,560人を最後に10万人を切り、第21回(49,332人)、第22回(41,049人)、第23回(46,415人)と4万人代を推移して、今後のケアマネ不足が懸念される状況が続いています。

合格率は、昨年度が19.5%と高かったこともあり1.8ポイントの低下の17.7%、過去最低の第21回(10.1%)以降3年連続で15%以上となりました。

こちらもCHECK

ケアマネ試験の受験勉強をする女性
【ケアマネ試験】介護支援専門員実務研修受講試験の受験対策

ケアマネジャーになるための「介護支援専門員実務研修受講試験」は、合格率が過去10年間10%〜19%で推移している難易度の高い資格。 出題範囲が広く膨大な量の知識が必要で、独学で合格を目指すには大変難関 ...

続きを見る

よく読まれる記事

介護職初心者の二人 1

介護の現場では資格が重要です。介護業務を行うために必要な知識や技術、考え方を身につけるだけでなく、給料でも持っている資格で差が出てきます。 介護の資格が無い、未経験から介護職に転職しようと思っている方 ...

転職サイトのキャリア・アドバイザーの女性 2

介護職への転職が初めての方にとっては、どこの施設が自分にあっているかわからないですよね…。 介護士として働いていて職場を変えたいと思っている方も、同じ失敗を繰り返さないためにもできるだけ多くの情報が必 ...

介護の仕事を頑張る介護士 3

介護職員初任者研修、実務者研修などの介護の資格を0円(無料)で取得するには、派遣事業や介護施設を運営するかいご畑の『キャリアアップ応援制度』を利用する方法が有効です。 かいご畑の運営会社はスクールも開 ...

転職活動 4

介護・福祉関係の仕事に転職したいけど、まわりに知り合いもいないし、どんな仕事をするのかもなんとなくわかっているだけ…。 チラシの求人に書いてある、特養とか、老健、有料老人ホーム、サ高住、デイサービス、 ...

介護施設で働く介護士の女性と男性の画像 5

実務者研修を取得しようと思っているけど、費用は馬鹿にならないし…なによりも行く時間がない!仕事をしながら実務者研修を取得するのは、なかなか難しいのが現実ですよね。 介護職での転職では、無資格や初任者研 ...

-ケアマネ試験情報
-,